働く際の資格

笑顔の女性

編集者として働く場合、必ず持っていなければいけないような資格はありません。未経験者の場合でも、やる気次第でどこまでも挑戦していくことができます。活かすことができる経験やスキルとしては、紙面のデザイン経験です。グラフィックデザインをパソコンで行うことの出来るスキルがあると、非常に便利です。また、校正を行う機会も多いため、校正の経験も役に立ちます。校正やDTPにそれまで関わってきたという人は、転職の際も有利に働くことが多いことでしょう。様々な切り口から記事を企画していくことが必要になるので、柔軟な発想や流行に対して敏感だということも必要です。フォトグラファーやイラストレーター、ライター等多くの人をまとめる役割もあることから、コミュニケーション能力も高いことが必要になります。

編集者に転職を行うことで、読解力や文章力、デザインの美的感覚を求められることがあります。なお、クライアントに企画を受け入れてもらえないというようなこともあるので、相手の意見を聞き入れる素直さも大切になります。なお、締め切りを必ず守るということは仕事を行う上で非常に重要になります。編集者として転職を行い、人脈を築いた後にフリーランスとして独立するという人も多い世界です。ライティング能力を身につけていくことや、写真のスキルを身につけていくことで独立した後も非常に役立てることができます。仕事を行っていく上で、企画力やリーダーシップも徐々に身につけることができます。それはフリーランスとして活躍するためには必要な技術でもあります。