会社のタイプを知る

本を読む男性

街中には、様々な雑誌や書籍が並んでおり、中には毎月特定の雑誌は欠かさず読んでいるという人もいます。本を読むことが好きという人の中には、書籍や雑誌を作りたいと考える人も多いことでしょう。すでに、自分自身が編集の現場に関わっているという場合、自分のこれまでのスキルを活かして、転職を行うという方法もあります。出版業界の中でも、編集は非常に多くのことを行う所です。自分自身の作りたい本や雑誌というものが明確になってきたというような人や、この出版社で働いてみたいというような希望が出てきた場合、出版業界を中心とした就職転職サイトを利用することで、よりキャリアアップにつなげていくことができます。

編集は大きく分けると2つの種類に分けることができます。一つは、自分で一から作っていくものです。小さい出版社や編集の場合に多いもので、記事作成や写真、デザインやイラスト等をすべて自分で行い、出版するというものです。もう一つは、主な作業は外部に委託して自分自身は企画を練ることや、外部に経費を支払うことや、本を作る予算を撮っていきます。フリーランスのライターやカメラマンに声をかけて依頼することから、その人達を管理していく能力というものが必要になります。文章の書き直しの依頼を行うことや、写真の撮り直しをおこなうこともあり、ライターが取材を要求した場合は、依頼や日程等を決めていくということも行っていきます。転職の際は、希望する会社がどのように仕事を進めていくタイプなのか、確認していくことが大切です。